The Energy Manegement for the Golf Swing: Power Swing with Brain and Stop and Go (Japanese Edition) por Kazushige KOBAYASHI

The Energy Manegement for the Golf Swing: Power Swing with Brain and Stop and Go (Japanese Edition) por Kazushige KOBAYASHI

Titulo del libro: The Energy Manegement for the Golf Swing: Power Swing with Brain and Stop and Go (Japanese Edition)

Autor: Kazushige KOBAYASHI

Número de páginas: 129 páginas

Fecha de lanzamiento: December 25, 2016

Descargue o lea el libro de The Energy Manegement for the Golf Swing: Power Swing with Brain and Stop and Go (Japanese Edition) de Kazushige KOBAYASHI en formato PDF y EPUB. Aquí puedes descargar cualquier libro en formato PDF o Epub gratis. Use el botón disponible en esta página para descargar o leer libros en línea.

Descargar PDF Leer on-line

Kazushige KOBAYASHI con The Energy Manegement for the Golf Swing: Power Swing with Brain and Stop and Go (Japanese Edition)

スイングは、コントロールすることは難しいが知識とイマジネーションをマネージメントすることでスイングの基本基盤を構築することができます。
大きな筋肉から小さな筋肉に使う筋肉を移動し、動きの変化、移ろいによりヘッド・スピードを出し、ポジションを予測し、エネルギーをマネージメントします。
エネルギーのマネージメントは、ゴルファー、誰にでも共通する行動要素があります。
脳は、エネルギーと動きの移ろいのイマジネーションを産み、筋肉を動かし、五感を通じて脳に記憶されます。
ショットの結果は、インパクトの機能要素、スイングの行動要素と比較、評価することでスイング基盤をつくりあげます。
スイングの動きを産み出すンセプションは、時間差とストップ&ゴー、エネルギーは、プレーンと2つのテコで産み出します。
「スイングの秘密」は、イマジネーション、五感を通じてエネルギー、動きの感覚を見つけることです。
脳と筋肉に記憶させることであなたの「スイングの基盤」をつくります。
本書は、エネルギーと動きのイマジネーションの移転からスイングの基盤作りを目的として書き下ろされています。
==============================================
筆者紹介の紹介:
小林一重
PGAトーナメントプロ
1974年 PGAプロテストに合格 師は、山口三郎。
PGA A級インストラクター、
1979年USサンディエゴにてゴルフ・セミナーに参加、体系的ゴルフ理論を学ぶ。
アメリカのスイングの基礎理論に精通しており、その深い知識、経験の基づくスイング分析、適切な解説は、業界内にて高く認知されており、これまでゴルフ専門誌に多数の寄稿がされています。
新年度には、毎年PGAツアー(アメリカ)を訪れ実際にトッププロのスイング、練習を視察し、その年のスイングの状態を確認し活躍の推移を見守るとともに新旧プロのスイングの変遷を比較、確認している。
ツアーの実践を踏まえたポイント、ゴルファーの個性にフォーカスした的確な指導、レッスンは、高い評価を獲得している。
著書には、「100を切るゴルフレッスン」(ナツメブックス)、「女性のゴルフ入門」、「初めての女性ゴルフ」(大泉書店)がある。
また、「Bobby Jones on Golf ゴルフのすべて」(ゴルフダイジェスト社)の日本語版の技術監修を担当。
他、ラジオ番組「おもいっきりゴルフ」のパーソナリティを3年間担当。
安齋正道
ビジネスモデリングを専門としている。
20年間、日本の医療機器メーカーでシステム、企画を担う、その後、外資系企業にて20年間、モデリングを担う。
80年代にはグローバルマネージメントの視点から勘定、モノ(商品、製品)情報を企業レベルで統合化し実装、さらにECの統合化を見据えて先見的事業モデルを描きあげている。
2000年には、インターネットを基盤にバーチャルオルガニゼーションを世界で最初に実効化モデルを実現している。
常に10年先を見据えたその合理的先見性によるビジネスモデル、視点は、つねに本質を見通す、姿勢は時代の先端を具現化、レジェンド、クレージィー・ガイと称されている。
小林一重は、中学で東京都の準決勝、安齋正道は、高校で決勝まで行ったサッカーの友でもある。
==============================================
本書の概要:
はじめに
1.ゴルフとは
・ゲーム 環境・ルールの相互作用の下での楽しみ
・外部環境
・コース設計
・感情と意識
・内部環境
・脳と筋肉
・脳の意識とスイング感覚(バランス、リズム、テンポ、タイミング)の関係性
・脳と筋肉のバランス
2.ゴルフ・スタイルと首尾一貫性
ゴルフ・スタイルと首尾一貫性=学習知識x価値基準xスキル実効化マネージメント力
正しいスイング知識 ⇒ 正しい判断 ⇒ 高い実効率(技術)
・ワン・ストロークとの向き合い
・情報、および正しい知識とポジショニング
3.ゴルフ・スイングとは
・スイングの基本機能
・インパクトにおける5つの機能要素
・正確なインパクトのための基本機能
・ゴルファーの動きの原理と求められるマネージメント
A. 3つの基本要素
B. 3つの基本的なマネージメント
・ストロークの5つの要件
・クラブ・ヘッドとオン・プレーン
・テコと支点
・クラブ・ヘッドとインパクト
・ボールの打ち抜き
・スクェア・スタンスでの大事な一般的取り決め
スイングの基本操作のためのゴルフ用語の定義
・ゴルフ・スイングの動きの移ろい 「チェーン・パッケージ」
アドレス
スイングのスタート
トップからフィニッシュ
4.ストロークの共通基盤
ストロークの基本
ストロークのエネルギー
1)プレーン
距離の要素
(1)クラブ・ヘッドのスピード
(2)クラブ・フェースのどこにボールがあたるか
正確性の要素
(3)アプローチ・アングル
(4)ヘッドのスイング・パス
(5)フェースの向き
2)ヘッド・スピードの確保と2レバー
E=1/2(mV²)
エネルギーを産むスイング基盤と機能プロセス
2レバー・スイングの5つの行動要素
2つのテコの動き ツー・レバー・システム
インパクトでのボールに対するエネルギー
3)スイング径の大きさによるエネルギー
速 度=半径X角速度
角速度=周速度÷半径 周速度=半径X角速度
4)エネルギーを産み出すスイング・パスの動作
5.2レバーにより産み出されるエネルギーのスイング基盤
6.2レバーを実効化する行動要素
1)時間差
(1)エネルギーを産む必須プロセス(時間差)
(2)角加速度
(3)時間差の動作
2)スイングの中心点
3)コック
4)タイミング 「チェーン・パッケージ」
5)エネルギーを産む一連のローテーションのタイミング(動きの順序と時間)
6)スイングの大きさによるエネルギー
7)クラブ・ヘッドの加速によるエネルギー
8)腕の使い方(とう骨の使い方)によるエネルギー
9)リリース
10)アーム・ローテーション
7.スイングの連動性  「チェーン・パッケージ」
本書で使用する用語
あとがき